読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小娘の農業記録

企業で農業女子してます。

主要農作物種子法廃止

種について考えることってありませんよね。

実は最近、「主要農作物種子法の廃止法案」が可決されているんです。

農林水産省は主要農作物種子法を「廃止する」法案を今国会に提出し3月23日に衆議院農林水産委員会が可決した。今後、参議院で審議が行われるが、同法の廃止は国民の基礎的食料である米、麦、大豆の種子を国が守るという政策を放棄するもので、種子の供給不安、外資系企業の参入による種子の支配などの懸念が国民の間で広がっている。

法律が果たしてきた役割を議論せず、廃止ありきの政府の姿勢は問題だとして3月27日に有志が呼びかけて開いた「日本の種子(たね)を守る会」には全国から250人を超える人々が集まり、「種子の自給は農民の自立、国民の自立の問題」などの声があがったほか、議員立法で種子法に代わる法律を制定することも食と農の未来のために必要だとの意見も出た。集会の概要をもとに問題を整理する。(後略)

出典:【種子法廃止】種子の自給は農民の自立 – JAcom 農業協同組合新聞

どういうことかというと、日本古来の種子を守ることよりも、遺伝子組換え種子や改良された、環境に強く生産性の良い外国の種子で農業しましょう、ということかと思います。

モンサント社という、世界最大の種子(化学)メーカーがありますが、この会社が開発する種子が問題になることが多々あります。

f:id:SatsukiKumamon:20170409223805j:plain

映画『モンサントの不自然な食べもの』公式サイト

遺伝子組み換え作物が、人体にどのような影響を与えるのか、はっきりと分かっていません。しかし、遺伝子組み換え作物が作られることによって、温暖化や砂漠化といった地球環境の変動に影響を受けない作物ができ、食糧危機を食い止めるかもしれません。

遺伝子組み換え作物が完全に悪だとは言えません。

 

主要農作物種子法廃止が可決される理由、イマイチ分かりません。

日本はもっと、農業やその周りのことにもっと目を向けるべきです。